調査結果を活用できる | 企業競争が厳しいからこそ専門分野は委託する

企業競争が厳しいからこそ専門分野は委託する

調査結果を活用できる

調査データの活用と今後

多くの会社では、自社製品の売上向上のためいろいろ対策をしています。特に固定客であるリピートユーザーを獲得することが大切なことです。固定したお客様がいるというのは、売上も安定してくるのと同時に口コミで広がる可能性もあるからです。そのため多くの会社では顧客満足度を向上するためCS調査というのを実施しています。CS調査は会社独自で行なうと膨大な時間と費用がかかるので営業支援してくれる代行会社に依頼するのがほとんどであります。

設問作りにおける注意点

調査方法はいくつかありが、調査する人数が少ない時に利用する方法が、直接顧客にあって話しを聞くことです。直接話しすることで細かな情報までお聞きすることができるメリットがあります。ただ人数が多い時は、時間とコストを要することがあります。調査する項目が少ない場合に利用されているのが、テレマーケティングによる調査です。調査する人数も多く、調査項目も多い時に利用されているのが調査票を使用した方法です。このように依頼内容によって調査方法にも違いがあるので、予め顧客から何をききたいのか、それをどのように活用していくかもポイントとなってきます。
依頼する会社によって、調査方法や料金も違いますので、担当者とよく話しあって進めていくようにしましょう。これからリピートユーザーを獲得したいと考えている会社があれば一度、CS調査を依頼して自社の改善すべき点をユーザーからききだし、売上向上に繋げていくことも重要です。

↑ PAGE TOP