企業競争が厳しいからこそ専門分野は委託する

システムの導入価格

販売管理システムの導入費用について

販売管理システムは、従来の販売管理をシステム化しパソコンなどの端末を使って管理をしやすくしたものです。販売管理システムの製造業や小売り、卸業など商品を取り扱う会社でおおく使われており、その基本的な考え方としては、販売すべき商品の数や値段の管理と、販売先への納期や納入方法などを管理するというものです。販売管理システムのソフトウェアはパソコンなどにインストールして使用するパッケージ版のほか、近年はインターネットを利用したクラウドサービスによるシステムの提供が行われています。一般にパッケージ版は中小企業向けが中心で5万円から10万円程度で販売されています。一方でクラウドであれば、月額1500円程度から2万円程度で提供されています。

システムを導入することで得られるメリット

販売管理システムを導入することで得られるメリットとしては、販売管理を透明化できるという点があります。一般に担当者が台帳を作り管理している場合には、その営業拠点内でしか販売管理の情報を共有できません。特にパッケージ版の販売管理システムもその傾向にありますが、インターネットを利用したクラウド版の販売管理システムであれば、インターネットがつながっていれば、離れた営業拠点同士でもその情報を共有することができるメリットがあります。またクラウドにすることで、販売管理のデータはサーバー上に保管されているため、24時間そのデータを参照することができますし、災害時などのさいにデータを保護できるメリットがあります。

↑ PAGE TOP